検索フォーム
プロフィール

とよなか若者支援協議会

Author:とよなか若者支援協議会
生きづらさ・困難を抱える若者の学びなおしや就労を支えるための、様々な情報提供を行います。

また、講演会・相談会・就労支援セミナー・各種講座を開催していきます。


(平成24年度大阪府新しい公共支援事業モデル事業)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ようこそ!
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアサポーター養成講座開催

生きづらい思いをしてきた…
以前引きこもっていた…

でも今は社会とつながることができるようになった。

悩んでいたころどんな気持ちだったか、どうやって乗り越えられてきたのか
体験してきたあなただからこそ、今同じ立場にいる人の気持ちが分かる
ことがあると思います。


このように
同じ状況にある人を対等な関係性の仲間で支えあう人を
「ピアサポーター」といいます。

あなたの想い・体験といま苦しんでいる人の想い・体験を分かち合い
苦しんでいる人と共に癒され、あなた自身も輝かせてみませんか?


ピアサポーター養成講座
~苦しみを乗り越えたからこそ、分かる痛みがあります~

日程 2013年1月15日(火)22日(火)29日(火) 全3回
時間 各日18:30~21:00
場所 とよなか男女共同参画推進センター すてっぷ セミナー室
   
豊中市玉井長1-1-1-501 阪急豊中駅下車すぐ
講師 NPO法人み・らいず 枡谷礼路さん
対象 生きづらさを経験したことのある若者で
   就労経験のある方(40歳くらいまで)
   
※講座を修了後は、居場所での活動や講話会などで、
      講師として体験談をお話しいただく等、
      NPO法人ZUTTOでピアサポーターとしてのボランティア活動に
      登録して頂けます
参加費:5,000円(全3回)
定 員:10名(要予約)
申込方法:電話またはFAXにて、お名前、年齢、
     ご連絡先をお知らせ下さい。
とよなか若者支援協議会 (NPO法人ZUTTO内)
TEL 06‐6151‐2733 受付時間 9:30~17:30(土日祝 休み)
FAX 06‐6151‐2728
主 催:とよなか若者支援協議会 (豊中市庄内東町1-9-21)

構成団体:NPO法人ZUTTO、学校法人東洋学園 長尾谷高等学校、NPO法人ハニー・ビー
      社会福祉法人きらら福祉会 ワークセンターとよなか、
     豊中市 市民協働部雇用労働課
協賛: 財団法人とよなか男女共同参画推進財団

20130115ピアサポーター養成講座1

20130115ピアサポーター養成講座2
スポンサーサイト

2013年1月9日第7回しゃべり場を開催します

不登校やひきこもり、未就労の事など
ひとりで悩んでいませんか?


しゃべり場とは…
生きづらさ(不登校やひきこもりなど)を抱えている子どもや若者の家族が
自由に話をする場です。
「どうすればよいかわからない」
「誰かに話を聞いてほしい」
「誰にも言えなかったけど…」など、
思ったことがある方、一度参加してみてください。
泣いたり笑ったりしながら、
皆さんにとって気づきや元気になるきっかけにしてほしいと思っています。

第7回しゃべり場
日時  2013年1月9日
    14:00~16:00
会場  ホッとリンク
(阪急庄内駅徒歩10分)
参加費 500円
定員  10名
次回は2月13日(水) ホッとリンクにて

お問い合わせ・お申し込みは
NPO法人ZUTTO 若者&家族総合支援 ホッとリンク
TEL 06-6842-7129
FAX 06-6842-7139(受付時間 平日9:30~17:00)土日祝休


20130109第7回しゃべり場1

20130109第7回しゃべり場2

生きづらさを抱えたお子さんを持つ親むけの講座を開催します

生きづらさを抱えたお子さんを持っているお父さん・お母さん
どうお子さんと話したらいいか、どんなふうに話せばお子さんに気持ちが伝えられるか、
悩んだことはありませんか?


そのようなお父さん・お母さん方に参考にしていただける講座を開催します。

生きづらさを抱えた子への理解と関わり
親力トレーニング


親も子もエンパワーする親子関係の作り方、
すぐに実践できる心構えや行動を
具体的な練習と講義を通して学んでいきます。

日時  2013年1月15日、22日、29日、2月5日
    (毎週火曜日・全4回)※1回でも参加できます
    14~16時
場所  とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ
    
(阪急豊中駅下車すぐ エトレ豊中5F)
対象  子供の引きこもり、不登校・障がいなどに悩む家族
参加費 ◆4回全参加   5,000円
    ◆1回参加    1,500円/1回
講師  金 香百合 さん 
ホリスティック教育研究所所長
定員  各日15人※先着順

申込み先      NPO法人ZUTTO若者&家族総合支援
 &        ホッとリンク  
お問い合わせ    
〒561-0832 豊中市庄内西町4丁目18-13
          TEL06-6842-7129
          FAX06-6842-7139
          受付時間 9:30~17:00 土日祝休
          住所、お名前、お電話番号をお伝えください。 


20130115~親力トレーニング1

20130115~親力トレーニング2

12月14日第3回もったいない野菜販売会開催!!

師走に入り、天気予報では雪だのみぞれだのと、すっかり真冬ですが
体調管理はみなさん大丈夫ですか??


さて、こちらのブログでもお馴染みの、
ぐ~てん「もったいない野菜販売」イベント。


先月28日に第二回が開催されたばかりですが、
なんと!大好評にお応えして 早くも

第三回目が行われます!!!!

もったいない野菜というのは…
熊本県
「もったいないプロジェクト」による企画
産地直送の新鮮な野菜の中
で、
形が不揃いで店頭に並ぶことのない野菜を取り寄せたもの
なんです。

無農薬、減農薬の野菜を多く取り扱っているので安心・安全!!
小さいお子さまにも安心
です。
そして産地直送なので、
通常スーパーで出回っているものよりも2~3日早く入るため、
とっても新鮮です!!

第3回 もったいない野菜販売
日時:平成24年12月14日(金) 9:30~16:00
場所:若者居場所工房ぐーてん
(豊中市庄内西町4-25-5)


今回は、チラシ持参の方に先着で
野菜のプレゼントがあるそうですよ!
是非!!いらしてくださいね!!!!


ぐーてんとは…
生きづらさを抱えた若者が定期的に通いながら
就労に向けて訓練をしている居場所です。
利益を得るというのが第一義ではなく、
販売を通じ人や地域につながることを目的としています。

ぐ~てんのブログ↓↓↓
http://ibasyoguten.blog.fc2.com/
前回の野菜販売レポもありますよ!


野菜販売3rd

冬休み勉強会 開催!

もうすぐ冬休みですね!
休みも楽しみですが、
勉強で困っていることありませんか?


学校の勉強についていけない…
自分のペースに合わせて教えてほしい…
宿題が分からない…

そんな中学生を対象に勉強会を行います。
学習指導は大学生。勉強のこと以外にもいろんな発見があるかも?


冬休み勉強会

日程   2012年12月12日(水)、17日(月)
時間   各日13:00~16:30
場所   長尾谷高等学校 豊中学習相談センター
     豊中市岡上の町2-1-1とよなかハートパレット2F
学習指導 大学生ボランティア
対象   中学生
持ち物  勉強道具(学校の宿題または問題集・筆記用具等)
※ゲーム機は持ってこないでください。
参加費  500円/日
定員   5名/日 要予約

当日は保護者向けに単位制高校についての講演会(各日14:00~15:00・参加無料)を行います。お気軽にご参加ください。

お問い合わせ・申し込み とよなか若者支援協議会(NPO法人ZUTTO内)
            TEL06-6151-2733 9:30~17:30 (土日祝休み)
            FAX06-6151-2728
            ※電話またはFAXにて、
            お名前・年齢・ご連絡先をお知らせください。


主催 とよなか若者支援協議会 豊中市庄内東町1-9-21

20121212冬休み勉強会1

20121212冬休み勉強会2

12月4日 農作業体験レポート!

昨日、若者たちとともに箕面の止々呂美まで農作業体験に行ってきました。
山の美しい紅葉を楽しみながら、色々なことを体験させてもらいました。

まずは、雑草をとって畑(畝)を耕す作業。
ブログ用草ぬき ブログ用くわ
害虫も駆除しましたよ!農薬が少ない証拠ですね。


そして次は、山道をのぼり止々呂美柚子の収穫へ。
ブログ用ゆず収穫
ゆずの木の大きなトゲに気をつけながら、実をハサミで取っていきます。

そして、しいたけ狩り
ブログ用きのこ ブログ用きのこ狩り


畑に戻り、立派な葉っぱのついた人参を収穫!
ブログ用にんじん


最後に、朝 耕した畑を整え、種を植える溝を作っていきます。
ブログ用最後


自然のなかで、陽を浴びて土に触れ、作物の生命を感じ、
とっても貴重な経験が出来た一日でした!

講演会「子どもが相談できる第三者機関とは?」

虐待、いじめ、体罰、そして不登校…

誰にも相談できず、息詰まる状況のなかにいる子供たち。

大津市のいじめ自殺問題があったこともあり、
「子どもが直接相談でき、救済のために動く第三者機関」
の必要性について注目が集まっています。

今回、その先駆的取り組みである川西市 子どもの人権オンブズパーソン前代表(2006~2011年度)の桜井智恵子さんをお招きした講演会が開催されます。


私たちの住む豊中にも、苦しみを抱えている子どもたちがいます。
そんな子供たちの声を聴き、救済するしくみが必要です。

どんなしくみがあれば、もっと子どもたちが自ら相談しやすくなるのか
もっと子どもたちが生きやすくなるのか
一緒に考えてみましょう。

★桜井 智恵子さん大阪大谷大学教授(専攻:教育学、思想史)

『子どもの人権オンブズパーソン』とは?
困っている子どもを助けて守ってくれる人、という意味で
いわば「子どもの声をまず聞く大人の存在を保障した制度」

とよなか国際交流センター地図日時:2012年12月9日(日)
    14:00~16:00
場所:とよなか国際交流センター 会議室

    (阪急豊中駅西口 エトレ豊中 6F)
参加費:500円 ※一時保育あり(要予約)

主催・問い合わせ:
   豊中に公的子どもオンブズパーソンをつくる会
   TEL/FAX:06-6855-1674

後援:豊中市・豊中市教育委員会
   豊中市社会福祉協議会

子ども相談第三者機関チラシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。